バリ島の達人

バビグリン

豚の丸焼きで、バリ島の祭礼には欠かせない料理です。
バビグリンを出している店は、ローカルのワルン(食堂)がほとんどですが、ホテルなどで催されるインドネシア料理ビュッフェでも提供される場合があります。

バビグリン

バビグリンは、バリ島の祭礼には欠かせない料理で、ア祭り、結婚式などでは必ずといってよいほど、提供されるバリ島のもっとも代表的な料理です。

バリ島はヒンズー教徒が中心ですので、バビグリンのワルン(食堂)が多くありますが、インドネシアのその他の地域、特にジャワ島ではイスラム教徒が中心ですので、豚肉の料理を出す店はほとんどありません。バリ島特有の料理です。

豚の丸焼き
バビグリン

バビグリンは、豚を余すところなく使った料理です。肉はもちろん、皮、内臓、血なども素材として使用されています。ワルンでは、様々に調理した部位を、写真のようにごはんと一緒に少しずつ盛ったスタイルで提供されます。また店によっては、スープが付いてくるところもあります。

ウブド地区のバビグリン専門店、イブオカはとても有名です。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る