バリ島の達人

インドネシア料理の紹介

インドネシアは数多くの島々からなり、様々な民族が住んでいます。食文化も様々で、多様な料理がありますので、それらのインドネシア料理の中から、代表的なものを紹介いたします。バリ島にご滞在の機会にぜひお試し下さい。

代表的なインドネシア料理

料理名をクリックしていただくと、紹介ページに移動します。

バビ・グリン 豚の丸焼きで、バリ島の祭礼には欠かせない料理です。バビグリンを出している店は、ローカルのワルン(食堂)がほとんどですが、ホテルなどで催されるインドネシア料理ビュッフェでも提供される場合があります。
ナシ・チャンプルー

ナシチャンプルーは、料理名というよりも料理のスタイルで、ごはんと様々なおかずを一緒にお皿に盛って提供される料理のことを言います。おかずはお店によって様々です。

ナシ・ゴレン インドネシア風炒飯。日本でもエスニック料理レストランが増え、よく見かけるようになったお馴染みの料理です。ただローカルのレストランやワルンには、かなり辛い味付けのものもあります。
ミー・ゴレン インドネシア風焼きソバ。店によって作り方は様々ですが、基本的にはインドネシアの甘いソース、ケチャップマニスをベースにしているお店が多いです。日本の焼きソバと比べると、かなり甘めでこってりした感じです。
アヤム・ゴレン インドネシアの唐揚げ。揚げ方自体は日本の物よりも衣が少なく、香辛料だけを使った素揚げのような揚げ方です。インドネシアのサンバルという唐辛子をたくさん使った辛いソースをつけて食べます。
アヤム・バカール 鶏肉のバーベキューです。甘辛いソースをつけた状態で、炭火で焼いた料理です。サンバルをつけていただきます。
イカン・ゴレン

魚の唐揚げです。インドネシアでは、内臓などを取り、処理した魚を丸揚げにするのが一般的です。海の魚を使ったものも、淡水魚を使ったものもあります。

イカン・バカール 魚の炭火焼です。内臓をとる処理をした状態、または魚を開いた状態で姿焼きにするのが一般的です。淡水魚には普通のサンバルを使いますが、海の魚はサンバル・マタという特別なサンバルをつけて食べることが多いです。
バッソ バッソは肉団子のスープです。通常は牛肉が使用されていますが、豚肉、魚肉を使用したものもあります。スープ自体の味は薄めで、甘いソースのケチャップ・マニスやサンバルをいれ、自分で味を調えて食べます。
スープ・ブントゥット 牛の尻尾の肉を使用したインドネシアのオックステールスープです。骨周りからしっかりとしたダシが出て、じっくり煮込まれた柔らかな肉がおいしい料理です。サンバルを入れて、辛さをプラスすると更においしくなります。
ミー・アヤム インドネシア版ラーメンです。鶏肉をそぼろのような具が入っています。縮れ麺に鶏でとったあっさりとしたダシのスープがついてくるのが一般的です。ミー・アヤムもバッソと同じように、ケチャップ・マニスやサンバルを入れて好みの味に整えて食べます。
ソト・アヤム ソト・アヤムは鶏肉を使用したインドネシアのスープ料理です。スープはウコンやニンニクなどのスパイスを使っています。具材には鶏肉、ゆで卵、春雨、香草などが入っていて、サンバルとライムをしぼって頂きます。
サテ サテとは、串焼きのことです。サテ・アヤム=焼き鳥、サテ・サピ=牛肉の串焼き、サテ・カンビン=ヤギ肉の串焼きなど様々な種類のお肉が使われます。ピリ辛のピーナツソースをつけて食べる場合が多いです。
パダン料理 パダン料理とは、インドネシアのスマトラ島にあるパダン地方の料理で、小さな小皿に載せたたくさんのおかずが、テーブルいっぱいに並べられ、その中から好きなものだけを食べるスタイルです。手をつけた分だけ代金を支払います。