バリ島の達人

イカン・バカール

魚の炭火焼です。内臓をとる処理をした状態、または魚を開いた状態で姿焼きにするのが一般的です。
淡水魚には普通のサンバルを使いますが、海の魚はサンバル・マタという特別なサンバルをつけて食べることが多いです。

イカン・バカール

魚の炭火焼です。切り身にはせず、ほとんど姿焼きのようになります。サンバル、またはサンバル・マタという調味料を使って食べます。

ジンバランビーチには、このイカンバカールを出すオープンエアーのレストランがたくさん並び、夜になると多くのお客様で賑わいます。ビーチで波の音を聞きながら、食事ができますのでとても人気です。

イカンバカール
サンバルマタ

左の写真がサンバル・マタ。唐辛子、赤玉ねぎ、塩、そしてテラシというインドネシアの調味料などを使って作ります。かなり辛いですが、イカン・バカールにはとても合います。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る