バリ島の達人

イカン・ゴレン

魚の唐揚げです。
インドネシアでは、内臓などを取り、処理した魚を丸揚げにするのが一般的です。海の魚を使ったものも、淡水魚を使ったものもあります。

イカン・ゴレン

魚の揚げ物です。インドネシアでは、まるまま姿揚げにするスタイルが一般的です。素材になる魚はいろいろありますが、白身の魚が使われ、海の魚ではハタ系の魚(クラプ)、タイ系の魚(カカップ)、淡水魚では、グラミとよばれるスズキ系の魚が主です。

中でも、ハタ系のクラプは身も締まっていて、この料理に最適です。

イカンゴレン
魚の丸揚げ

よく揚げられた魚は、通常、下味がつけられていますので、そのままでもいけますが、サンバルをつけると更に美味しくなります。

ローカルレストラン、プレンクンのイカンゴレンがおすすめです。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る