バリ島の達人

ミーゴレン

インドネシア風焼きソバ。店によって作り方は様々ですが、基本的にはインドネシアの甘いソース、ケチャップマニスをベースにしているお店が多いです。日本の焼きソバと比べると、かなり甘めでこってりした感じです。

ミー・ゴレン

インドネシア風の焼きソバです。日本の焼きソバとの違いは、まず味付け。ミーゴレンは、結構甘めの味付けのものが多いです。そして具材に卵が入っています。

具材は野菜以外に、鶏肉が一般的です。その他の具材は牛肉、エビ、イカなどがあります。

ミーゴレン

インドネシア語で、ミーはソバ、ゴレンは「炒める、揚げる」という意味。インドネシア語の料理名は、ほとんどが「主材料名+調理法(+副材料名)」という形で成り立っていますので、少し単語を覚えると、名前を見ると料理を知らなくても、雰囲気がわかります。

エビ入りの焼きソバの場合は、主材料名のミー(ソバ)+調理法のゴレン(炒める)+副材料名のウダン(エビ)=ミー・ゴレン・ウダンとなります。簡単でしょう。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る