バリ島の達人

ナシゴレン

インドネシア風炒飯。日本でもエスニック料理レストランが増え、よく見かけるようになったお馴染みの料理です。
ただローカルのレストランやワルン(食堂)には、かなり辛い味付けのものもあります。

ナシゴレン

ナシゴレンと一言で括られますが、中に入れる具材や店によって、スタイルや味付けにはかなり幅があります。

鶏肉とネギ、キャベツなどの野菜が入ったもので、上に目玉焼きが乗っているものが一般的です。その他に、牛肉、エビ、イカ、魚、イカン・アシン(干魚)、ヤギ肉が入ったもの等があります。

ナシゴレン
インドネシア風チャーハン

上の写真はローカルのワルンでの「一般的なナシゴレン。レストランで食べると左の写真のように、きれいな感じになります。

衛生面の問題はありますが、ナシゴレンはワルンの方がおいしいので、できればワルンで、ローカルの味を試してみてください。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る