バリ島の達人

サテ

サテとは、串焼きのことです。
サテ・アヤム=焼き鳥、サテ・サピ=牛肉の串焼き、サテ・カンビン=ヤギ肉の串焼きなど様々な種類のお肉が使われます。
ピリ辛のピーナツソースをつけて食べる場合が多いです。

サテ

サテとは串焼きのことで、鶏肉、牛肉、豚肉、ヤギ肉あたりが一般的ですが、それ以外にも、珍しいところではウサギ肉、馬肉、海がめの肉を使用したものなどがあります。お肉の他には、魚のつくねを串焼きにしたサテ・リリットもよくあります。

お肉のサテは、たいていピリ辛のピーナツソースがかかって出てきます。このまったりとしたピーナツソースは、焼き鳥に慣れ親しんだ日本人の舌には合わないかもしれません。

ピーナツソースのかかったサテ
豚肉のサテ

日本人の感覚では、串焼きはお酒と一緒に頂きたいところですが、インドネシアでは、お酒を提供していないワルン(食堂)がほとんどで、ごはんと一緒に食べるのが一般的です。

お酒と一緒に楽しみたい方は、ホテルのレストランなどでお試しください。

インドネシア料理の紹介一覧へ戻る