バリ島の達人

タマンアユン寺院

タマンアユン寺院は、メルと呼ばれる何層にも重ねられた塔が並び立つ寺院です。寺院の周辺は芝生が植えられた公園のようになっていて、その周りを掘が囲む落ち着ける美しい場所です。2012年に世界遺産に認定されたバリ島のスバック・システムの一部でもあります。

タマンアユン寺院は、メングイ地区にあるとても美しい寺院です。周囲は堀に囲まれ、中の敷地は一面に芝生を整えたきれいな公園のような場所です。

デート中の地元カップルや、堀では釣りをしている人がいたりと、観光地としてだけではなく、地元の人達にとっても憩いの場となっています。

タマンアユン寺院前の公園
タマンアユン寺院

緑の美しい敷地の奥には、寺院があります。寺院の中には、何層にも重ねられたメルと呼ばれる塔が並び、周りには蓮の花が咲いています。

その景色は、とてもユニークで美しく、長く眺めていても飽きのこない寺院です。

観光スポット紹介の一覧へ戻る